大島ダイビング連絡協議会は伊豆大島にある全てのダイビングサービスが所属する団体です

 

Oshima Diving Conference  

ヘッダー画像
 

第5回伊豆大島ダイビングフォトコンテスト2022
コロナの影響で2年間延期していた伊豆大島ダイビングフォトコンテストですが、 来年2022年の年明け早々1/9(日)に1日限定のワンデイフォトコンとして復活します!
是非とも奮ってご参加下さい!

「はえもの (HAEMONO)」限定
「よくあるフォトコンじゃ面白くないよね?」という現地ガイドの声が多かったため、 今回のフォトコンは被写体を「はえもの」に限定したフォトコンになりました。

「はえもの」って何?
っという方も多いと思うので下記に例を挙げます。

エンタクミドリイシサンゴやアワサンゴなどのハードコーラル
ウミトサカやフトヤギなどのソフトコーラル
イソギンチャクの仲間やウミヒドラの仲間やウミエラ
ウミシダの仲間やガヤの仲間
イバラカンザシなどのケヤリの仲間
海草や海藻

などを
そのまま主役にして撮ったり、
脇役や背景にして撮ったり、
思いっきりクローズアップして撮ったり、
ダイバーを入れ込んでワイドに撮ったり、
みなさんのアイディアが物を言うフォトコンになると思います。








審査員
審査員は、
年に数週間は伊豆大島に滞在し、島内の小中学校で特別授業を開催しており、安全潜水祈願さんの立案者でもある伊豆大島好きな水中写真家の阿部秀樹さんに決定!

【プロフィール】
1957年、神奈川県藤沢市に生まれる。立正大学文学部地理学科卒業、現在阿部秀樹写真事務所代表。最近は日本国内の海に眼を向け知床半島から沖縄まで幅広く活動している。 ライフテーマとして水中生物の繁殖行動、夜の海、水中の四季、の撮影がある。又頭足類(イカ・タコ)では国内外の研究者との連携で撮影をおこなっている。
仏映画「OCEANS」スチル写真担当(一部)。

【フォトセミナーアベマジック開催】
たった1日で確実に作品がレベルアップする事で有名な阿部秀樹さんによる人気のフォトセミナー「アベマジック」が1/8(土)~10(月)の3日間で同時開催されます。
フォトコン前に1ランク上の作品を目指しませんか?
水中写真家阿部秀樹 水中写真家阿部秀樹 水中写真家阿部秀樹


参加方法
今回は1日限定のワンデイフォトコンとして開催します。
開催日の1/9(日)に伊豆大島の海で撮影した「はえもの」を被写体にした作品を1つご応募ください。

日 程:2022年1月9日(日)
被写体:はえもの限定
作 品:当日撮影したものを1名1作品
締 切:18:00まで
データ:JPEG形式でご提出下さい。
注意点:
  ※加工修正一切無しのいわゆる”撮って出し”でご提出下さい。
  ※PC画面で審査するので可能な限り大きいデータの方が有利です。

提出先:haemono.oshima@gmail.com
※応募の際に下記の情報もメールに必ずご記入下さい。
 ・撮影者氏名
 ・連絡先電話番号
 ・作品タイトル
 ・現地大島の利用サービス名(都市型ショップ名)
 ・カメラの機種
 ・経験本数

審査方法
日本各地の海でのフォトコンテストや「ABE CUP」の審査員をしている阿部秀樹さんならではの確立された審査基準を駆使して、ピント・構図・芸術性などの各項目を緻密に審査してくれます。

大島ダイビング連絡協議会の想い
伊豆大島の海はハンマーやニタリなどの大物、イサキやイワシなどの群れ、アーチや水路などの地形などのワイドシーンや、秋の浜を中心とした豊富なマクロ生物など、被写体のオンパレードです。

そのため、現地ガイドもあまり取り上げたりしませんが、実は、何を隠そう、冬の伊豆大島の海は「はえもの天国」だったりします。

今、巷のフォト派ダイバーに流行っているという「はえものブーム」に乗っかりつつ、他の地域の海よりも群を抜いて凄い「はえもの天国」である事を証明してくれる作品を期待しています!

結果発表
1/10(月・祝)の朝7:30にこのページにて発表します。
※阿部秀樹さんが徹夜で審査しれくれます!

各賞について
下記の賞をご用意しました。
・金賞: 1作品
・銀賞: 1作品
・銅賞: 1作品
・入賞: 3作品

※各賞の入賞者の方には豪華景品をプレゼントします。